プロフェッション – PROFESSION

“その人の価値と潜在を引き出す身体(體)のコンサルタント – I am who to enhance your potential & value in life performance. Chance to Change for a Chance.”

體コンサルタントへの経緯、そしてアプローチ – Background

“Unfulfilled potential…”

きっかけは、40分の施術後に白紙の小切手を渡されたことでした。あぁ、こんな人達がこの世にいるんだ、と。The Biggest Wake-up Call。まだまだ未熟で若造なTaizoが幸いにもスポーツ界で世界最高峰の景色を何度も観させてもらった。16歳から外に飛び出し、束の間の休息もなく、とにかく没頭し駆け抜けてきて。そう、繁忙期には月に4,000人、プロのスポーツ業界に、大学のプログラムリーダーに、研究に、大学講義に、世界各地にと。読んで字の如し、心を亡くしそうなくらいの時を経験してきました…自分は完全に感覚(感性と人間性)、ただ博士課程を経て科学(言語化と再現性)との両輪を持っています。それが、TaizoのStrengthです。

このカラダのコンサルティングで大事なことは、目標/目的設定をすること。依存しないこと。そして、お互いにコミットメントし合うこと。

「目的設定なしにモノゴトを遂行するのは、狙わずに射撃をするようなもの。あなたは、ピストルの音や反動を楽しむことが出来ても、決して鳥を打ち落とすことができないでしょう」という言葉があります。

あなたは人生において何をしたいのか?何を成し遂げたいのか?そして、どうなっていきたいのか?を考えてみてください。

How toよりもWhyを大切にし、出来上がった人間関係を基に行うはあなた本人。エッセンスやツールを無数の引き出しから調合し、提案し、提供するのがプロとしてのTaizoです。アプローチはこれといって同じことはないです。100人いたらそれぞれで違うし、毎秒のようにカラダは変化していきます。また、サービス費として捉えるのでなく、あなた自身に幾ら投資できるのか?を、値段はあなたそのものの価値として捉えてもらいたい。

人は必ず、意味を持ってしてこの世に存在しています。その意味を追究する、そのためにはカラダが一番大切です。みんなには、一瞬の輝きがあるように、そしてまた一生の輝きを放てます。未達成の可能性︎を共に、見出していきましょう!


プロとしての想い – Professional Statemen

【Philosophy】
– カラダのコンサルティング。カラダは全ての根源であり軸となる。

【Mission】
– 人にある価値・可能性・潜在性の引き出し。自己史上最輝を達成させる。人生の目的のサポート。
– 解決できないな事を解決させ、既存にないものを生み出させる。

【Vision】
– Missionの達成により世界に影響を及ぼす方々の活躍。Better than yesterdayを可能とさせる。
– 赤耳の一手の追究

世界、そして他者の人生を左右する影響力を持った方々を。自己模範ができる、美意識を持った方々を手掛ける。

誰にでもできることは誰よりもしてきて、誰にもできないことを幾度となく経験してきました。それが自分の奥深いところにどっしりと在り、カラダのプロとしての真骨頂となっています。一つ一つを専門の域で追究しつつ、包括的にアプローチする『カラダコンサルタント』は世界で一人だけの職業です。経験上ですが…皆さんは自分の身体の可能性を過小評価しています…最高のパフォーマンスを出せるのに、「損」させないでください…「得」に変えると人生がどうなるか楽しみでないですか。あなたの人生には大きな価値があります。それを、どう活かすか?良くなること、治ること、パフォーマンスが上がることだけではなく….あなたの人生の目的が達成できることがとても大切だと想います。カラダは全ての根源であり、基盤であり、軸です。舞台である地球は最高の游美場(あそびば)なのです。

Taizoは人の師匠は持たずとも…レオナルド.ダ.ヴィンチに感化され、幅広く深くモノゴトの本質を追究することを学びました。そして、2人の政治哲学者カエサルとキケロに見出され、人の思考の変容そして人の行動の変容を知りました。

「史上最輝の自分になる。NOW…一生の基盤を築く。一度きりの人生を謳歌する。」魂と體の姿勢、そして、そのバランスが鍵です。生き物も地球も空間も全てはエネルギーででき、全て繋がっています。そして、人間は”4つのエネルギー”のバランスがあります。

世界中のアスリートを通して、スポーツ競技は身体に想像以上の負担がかかり、良き部分…反面…悪き部分を心底知りました。ただ、それも人生にある選択肢。それもまたプロのアスリートとしての宿命なのでしょう。ただ、どのアスリートにも必ずこう伝えてきました…「あなたにしかできないことは、人に感動を与えられる、それがあなたが持つ特権だ」と。プロとしてのTaizoが必ず役に立つ、その瞬間から確信してます。

各国で「Taizoって人生の羅針盤の調律師みたいだね」って言われていました…本当に、そうなれますように(祈)。

その人にある一瞬の輝きと、一生の輝きを確実に引き出す。まずは、あるべき自分自身に戻す、これは自身がどうなりたいかで決まります。人(特に専門家)はそれぞれ言いますよね…理論は100人いれば100パターンある。ただし、原理原則(本質)は100人に聞いても一つしかないです。自論よりももっと大きく大切なことがある。「ハンマーを持っている人は、すべてが釘にしかみえない – If all you have a hammer, everything looks a nail」そうならないように…

世界を巡る中で、プロの中でも大きな違いを発見しました。それは…GoodとGreatの差。特に、世の中にはGoodは多くいるのだけれど、Greatが皆無。それも、正解依存の教育、情報操作されて考えさせられなくされた、洗脳のせいでしょうか…本質を追究する眼を潰され、感覚の刺激を忘れ、記憶装置が崩壊されているのでしょうか…『みんな、自分の体験と学問の範囲で物言いをする』そこの眼で見えない壁をどう攻略していくか…

一つ一つの経験や知識、専門性はある大きなマップの中のほんの片ピースでしかないです。身体にまつわるありとあらゆる角度から観察し、洞察していくことが大切。プロとして大事なのは、ちゃんと見極めているのか、根本的な解決に至っているのか、そしてその人にあるビジョンを見出し価値の共有をできているのか。これから出会う一人一人を大切にし、お互いの良き共生を創り上げていく、これ以上に大切なことはないと想います。

*體は元ある漢字であり、身体の軸や芯となる意|*身体は体・心・精神・地位・身分・立場などの総意|*カラダはそれぞれのイマジネーションの中で|*体は固体や肉体としての意|*他に躰は体幹。軆はありさま。軀はむくろ=屍の意


名称(個)Taizo KASUYA – (YUKATAN / Karada Consultant)
所在地埼玉県富士見市 ➡︎ 東京都心
オフィス1) 東京オフィス
2) 京都オフィス
設立2016年度
事業内容パーソナルカラダコンサルタント – Personal karada-consultant