子供の未来を考える – Kids & Youth for the Future

….

I. 子供へのアプローチ経歴

国内外で約20,000人の子供(4歳~18歳)の育成、監修、トレーニング指導、及び研究実績





II.親がみる子供の可能性と期待

歩くようになった。初めて言葉を発した。会話が出来るようになった。字を書けるようになった。泳げるようになった。自転車に乗れるようになった。身長が伸びた。一人で遊びに行くようになった。手を繋がなくなった…。一人で眠るようになった。着ている服や抱っこで変化がある。自我が芽生えた。一人でできることが増えた。手伝いをしてくれる。思いやることができる、など。
<社会情勢><身体活動><トレッキング><体力の現状><習慣、そして環境>

III.子供の発達と成長

<ヒトの発育と発達><様々な運動機能><脳の発達>






IV. 子供を考える

<環境を作る><教育&共育を見直す><子供の特権><日本の文化><他者と自己><Q & A>





V.ライフステージ

<子供における栄養と食事>
<子供における睡眠生活>
<子供におけるショウガイ>

VI. トピック

・トピック1:考える力のある子を育てるには
・トピック2:子供が持つ自由と責任のバランス
・トピック3:これからの時代、今の子供が生きるダイバーシティとグローバリゼーション

VII. 子供への施術のアプローチ

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.





VIII.子供へのコンディション&コーディネーショントレーニング

<コンディションとは – Condition Training>
<コーディネーションとは – Coordination Training>
<HIITとは – High Intensity Interval Training>
<ほか – Others>

IX.サービス

Personal service:主に年齢に沿ったパーソナル施術&コーディネーショントレーニング
・Group service:グループにおけるカラダのケアセッション&コーディネーショントレーニング
・Online service:オンラインでできるカラダのケアセッション&コーディネーショントレーニング
・上記の情報やQ&Aに対する経験と専門的な観点からの講義